医療法人 道淑会 高野医院

病診連携について

かかりつけ医と病院が協力して、よりよい医療をすることを病診連携といいます。
入院や特別な検査・治療等が必要と判断した場合は、当医院から病院を紹介いたします。患者さんの病状によって最適な医療を提供することを目的としています。
その後、病院で検査や治療がおこなわれて、病状が安定し、通院治療が可能になれば、再びかかりつけ医が診察にあたります。かかりつけ医と病院がお互いに協力し、連携を図り、地域の皆さんの医療と健康をご提供してまいります。

このページの先頭へ